レーシック手術って本当に安全?

レーシックについて

スポンサードリンク

今話題のレーシック。

入院不要の簡単な手術をすることによって視力(近視・乱視)を回復し、半永久的に保つことができるとされている。
視力の悪い人にとって、メガネやコンタクトレンズというのは必需品。だが、メガネは最近はデザインのこったものもあるし、有名ブランドがリリースしているのでオシャレアイテムとしての使い方もあるが基本的に視界が狭くなってしまう。費用も量販店的なものが出てきて安くはなってきているがそれなりに良いものを作れば数万円はする。視力も変化していくので1度作ればいいというわけではない。

コンタクトレンズは種類はいくつかあるが、おおよそ1日数百円費用がかかるし、それがずっと続くとばかにならない出費。また、目に負担をかけるので目が疲れやすい。スポーツ等をする時はコンタクトレンズを装着することも多い。だからほとんどの人はメガネとコンタクトレンズを併用している。私もその1人。

視力の悪い私も「メガネやコンタクトレンズからおさらばできるのであればやってみたい」と思う。まして私は昔は両眼ともに1.5もしくは2.0の視力があったので元に戻りたいといつも思う。

bokashi.jpg  例えば、視力が悪くて裸眼ではこんな風に文字もコントラストもぼけて見えていた風景が、


senmei.jpg  視力が回復してこんな風に文字もコントラストも鮮明に見えるようになるんなら、なおさら。


最近では、スポーツ選手や芸能人もレーシック手術を受けて視力回復を達成したという人が増えてきているし「安全性」という点では大分信用を得ている。ただ、比較的最近に出てきたものなので、長期的に見た場合どうなのかが分からない。視力回復するのが短い期間だけかもしれないし、思わぬ副作用が今後出てくるかもしれない。

費用も、このレーシック手術というのは保険が効かない(生命保険で費用をまかなえることはある?)ため結構お高いという噂も。

レーシック手術が失敗する可能性はほとんどないということだけど、失敗する可能性が0ではない限り「失明」という恐怖も付いて回るため、たとえ周りが成功しても自分も大丈夫という保障はない。

目というのは、人間の機能の中でも重要なもの。目が不自由な方には申し訳ないが仕事もできなくなるし、家族や友人の顔も見れなくなる。事故に遭う可能性も格段に高くなる。視界が常に闇という恐怖はやはり想像するだけでも・・・。

そんな可能性が極力小さいものとはいえ存在する限り、安易にレーシック手術を受けようとは思えない。

そこで、自分なりに調べたことを載せるので参考にして頂けたらと思います。

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。